Circular Food Production
循環型食糧生産

コオロギを中心に、
サスティナブルで
循環する社会を
創造していきます。

コオロギを中心に、
循環する社会へ。

わたしたちが昆虫食を食材のスタンダードにしたいという想いの向こうには、地球や人類の未来が明るいものとなるようにサスティナブルな社会を作りたいという願いがあります。

現在のようにタンパク源を得るために家畜の圃場として広大な森林を伐採したり、わたしたちの食卓に上るまでに膨大な穀物・水などをエサとして消費する牛、豚、鶏などにタンパク源を大きく依存していては、地球の資源は枯渇し人間がタンパク源に支払うべきコストも高騰していきます。これではすべての人が同じように健康的で人間的な生活を送ることは難しくなります。

昆虫食は資源効率が高いタンパク源ではありますが、わたしたちはその生産・取引過程において、さらにサスティナブルな状態を模索しています。

コオロギをビジネスツールとするのではなく、一つの産業として花開くように。

農園の残渣を
エサにしながら、
フンは液肥化して活用

農業の過程では、多くの破棄が発生します。例えば、キャベツやレタスの外側の硬い葉など流通に乗せる前に切り落とし捨てられる部分です。こういったものは人間が食べるには不向きですが、コオロギにとってはごちそうです。

BugsWellでは、こうして資源にならなかったものを資源化しながら、タンパク源であるコオロギを育てています。

また、コオロギのフンは液肥化し、農業に循環するように取り組んでいます。

水産業・食品加工業などと
連携し資源交換を行います。

今後、コオロギを育てる過程で死んだ個体は、ムダに破棄することなく養殖魚のエサとして活用することを模索しています。また定置網にかかった流通に乗せるのが難しく捨てられていた未利用魚を、魚粉化してコオロギのエサに活用することも検討しています。

その他にも様々な食品加工の過程などで発生し破棄にコストを掛けていた残渣を、コオロギのエサとして活用することで、できる限り資源をムダに消費することなくタンパク源を生産できるように努めていきます。

自治体が抱えている
空き家や廃校を
コオロギの養殖プラントに

生産パートナーを希望する社会福祉法人や農業法人、企業の中には、新たに生産が可能な場所を探している場合があります。

BugsWellが自治体が抱えている空き家や廃校の情報をいただき、生産パートナーとマッチング。空き家や廃校をコオロギプラントとして活用できます。

ムダに新しい施設を作ることなく、できる限りあるものを活用していく。そうしながら地域に新しい産業を作りだし、雇用を創造することができます。

わたしたちはコオロギが「地方創生」にも寄与できると信じています。